権現山(権現山城)とその周辺

                     平成20年5月7日

概略
 神奈川区に桜の名所、幸ヶ谷公園があります。(京急神奈川駅、青木橋付近)この公園を昔、権現山といいました。明治時代に入って鉄道を敷くため切削されましたが、昔は本覚寺のある山とは山続きでした。
この付近は戦国時代初期に【権現山の合戦】があった古戦場です。
 その後、この地域一帯は小田原後北条氏の統治下に入って、多米氏という武将が【青木城】を築きました。
権現山の合戦
 武蔵の国南部に勢力を伸ばしてきた伊豆の北条早雲は関東管領上杉軍を打ち破り1510年(永正7)現在の横浜に侵入した。早雲は扇谷上杉憲房の家臣であった上田蔵人間政盛を味方につけることに成功し、上田政盛に援軍をつけ神奈川の権現山城で上杉氏に反旗をひるがえさせた。上杉氏は2万の兵をもって権現山を攻撃した。
戦いは7月11日〜19日の夕方まで及び上田政盛の指揮下、城兵はよく戦い激戦が展開されたが、さすが2万の敵を相手に城方は少なく遂に陥落した。しかし19日上杉勢がなだれのごとく城内に乱入した時、城中より「我こそ神奈河の住人間宮の某」と叫びつつ上杉に突入した勇ましい武士がいた。神奈河(今は神奈川と書く)住民間宮とは信冬もしくは子の彦四郎信盛と伝えられている。

これから撮影取材に行きます。 その後の間宮氏
港南区に笹下という町がある。杉田の東漸寺にある「間宮教信覚え書」には信冬の子信盛が杉田へ移ったとある。多分、権現山の合戦の後杉田に落ちのびたのでしょう。横浜市域が北条氏綱の支配下になると氏綱の時代に間宮氏の勢力は磯子区域まで延びていった。信盛の子の信元は笹下に笹下城を築いた。
間宮本家を俗に「笹下間宮」ともいう。

 天正18年(1850)の豊臣秀吉による小田原攻めでは、間宮康俊をはじめ一族は最前線の山中城に主将松田康長他4〜5000人の兵と共に籠城し、豊臣軍の率いる7万の軍勢を相手に奮戦したが、間宮康俊は壮烈な討ち死にを遂げた。

 小田原開城後、間宮康俊の孫の直元・高則、康俊の弟綱信の子正重・重信は徳川旗本に取り立てられています。
樺太探検で有名な間宮林蔵、蘭学医の杉田玄白は間宮氏の子孫と伝えられています。
 
上田蔵人政盛
秩父地方の国人(在地武士団)南北町時代より頭角をあらわす。
扇谷上杉の大田道灌のころ四天王の一人といわれた。権現山合戦に敗れて上田政盛は行方不明になっている。
しかし「小田原衆所領役帳」に小机衆上田左近が記され、また他国衆に松山城主に上田の名が記されている。小田原城に籠城した上田憲定は徳川家康からの降伏勧告に乗らず苦戦させたので追及が厳しかった。彼は俗僧になり松山城家老の下に逃げ庇護され、関口姓に改め、現在に至っている。

次の図は戦国時代、神奈河にはどのような城、砦があったかを示しています

参考資料:系図と城の図は神奈川区で行われた「東海道シンポジウム」で配布された資料による

上の城、砦の説明が読みにくいので書き加えます

神奈川城 幸ヶ谷公園北側、宗興寺近く観音堂があった所。権現山合戦のとき間宮彦四郎奮戦したときの砦
権現山城 幸ヶ谷公園。権現山合戦のあったところ。扇谷上杉の武将上田蔵人政盛は北条早雲に内通、主人に反旗をひるがえし、2000の将兵で山内・扇谷上杉軍2万の大軍を迎え討った。
本覚寺砦 権現山合戦の時出城があった。ここが最初にやぶられた。
青木城 高島台から本覚寺の丘陵一帯。多米氏が城主、家老に栗田、藤巻氏がいた。
道灌山 元東横線トンネル付近、今は。大田道灌の館跡、長尾忠顕の館跡であった可能性もあり。
加奈川七曲山城 浦島小学校一帯。松田氏の館跡、備前国に移封、安藤主水頭が入ったが、鎌倉幕府崩壊後廃城
平尾城 栗田谷中学のある丘陵。太田道灌時代から後北条時代までで、平尾内膳の居館があった。
神大寺城 神奈川土木事務所付近。後北条氏が江戸を攻略した時、扇谷上杉氏が一時的にこの地に潜入して築城した。


 余談になりますが、青木城と多米氏について書きます。
青木城と多米氏
 権現山の戦いの時は「本覚寺砦」と称し、上杉勢の軍勢はこの場所を突破口として、権現山城を陥落させた。
 戦いの14年後、北条氏綱は江戸城を攻略しこの神奈河も北条氏の統治下に入り、小田原北条の重臣の多米氏が ここに青木城を築いた。

 1524年(大永4)多米元興が青木城を築く。今、左写真の青木橋の本覚寺のある所。幕末にはアメリカ領事館になった寺。

 多米氏は三河国八名郡多米郷(現、豊橋市多米町)が出身で多米の地名にちなみ多米氏と名乗る。
権兵衛元益と名乗り伊勢新九郎(北条早雲)と共に7人で駿河の守護今川義忠に仕えた。伊豆を征服し、小田原城を奪取した。その元益の子の元興は北条の家臣として小田原の攻略に活躍した。北条の関東支配に多大な功績があったので「御由縁家」とされた。

豊顕寺
 多米元興は三河国多米村に先祖菩提のため本顕寺を1515年に建立した。青木城を築城し、隠棲してから本顕寺を三ツ沢(横浜駅からバスで10分ほど乗車したところに三ツ沢公園があるが、その隣)に移し、豊顕寺と改称した。

 しかし1590年に5代100年に及んだ北条氏も豊臣軍小田原攻めにあい北条氏と共に多米氏も壮絶な最後を遂げた。
江戸時代に入って豊顕寺は幕府の許しを得て壇林(寺院の学問所)となり、学舎5棟、学寮25棟、学徒は常に300人を下らなかったといいます。

 今も静かなたたずまいを見せる豊顕寺。山門をくぐると左手墓地には多米一族の墓が並んでいます。またその回りには北条氏没落後三ツ沢に土着し帰農した三ツ沢間宮氏、また青木城の家老であった藤巻氏の子孫の墓が多くあります。
写真は多米氏の墓
青木城家老栗田氏と藤巻氏
栗田氏
桓武平氏の流れをくみ伊勢新九郎と関わりがあった。小田原城が落ちる前、青木城にいた多米左近(18歳)と共に栗田一族も自決した。
江戸時代栗田山に栗田與右衛門が帰農して住み、栗田谷の町名は栗田氏の家があったことに由来する。
その子孫に草笛(栗田)光子がいる。
藤巻氏
甲斐巨摩郡藤巻村が発祥の地。
現在三ツ沢に住む藤巻氏に伝わっている話に「どこの戦いだか分からないが戦い敗れ、荒れ果てた姿で帰ってきた。」というのがあるが、多分箱根の山中城の戦いであろうと思われる。松田康長ら4〜5000人の兵の中に玉縄城主の北条氏勝が戦線を離脱し、生き残った将兵の中に藤巻氏の先祖がいたと推測される。(藤巻氏の記録より)
山中城
 山中城は後北条氏によって永禄年間1560年に箱根峠に甲斐国に対する攻防として築城されたものです。そして東海道を取り囲む形で縄張りを持っている為、通過する為にはここを突破しなければいけない地点でした。

 ここの城主は松田康長出あるが、前記に記した加奈川七曲山城の城主であり、備前から移ってきた人で後北条の伊勢新九郎に随行して関東に来て第一の重臣になりました。

 しかし天正18年3月(1590)城の改修がまだ未完成のとき豊臣軍と後北条氏の合戦が始まりました。山中城に籠る兵はわづか4000人に対し、豊臣軍は7万人。必死の防戦も甲斐なく鉄砲と圧倒的兵力の前に半日で落城。
今、三の丸跡に戦死した兵たちを弔うため宗閑寺があります。この寺は間宮氏の女が徳川家康の側室になり開創したもので葵の紋章をつけています。境内には山中城主であった松田康長、副将間宮康俊兄弟、多米長定の墓と、豊臣方の一柳氏の墓が仲良く並び静かに歴史を見つめています。
参考文献
歴研よこはま機関紙 野沢日出夫
神奈川区郷土史 前田右勝
神奈川区シンポジウム資料
トップへ戻る